ジスロマックは、性病のひとつであるクラミジア感染症の治療薬です。クラミジアは感染率の高い性病で、自分も相手も感染している可能性があります。早めの対処を心がけて完治させましょう。

ジスロマックを紹介する男性

ジスロマックに有効な病名と副作用の下痢について

ジスロマックという薬は、マクロライド系の抗生物質で、いろいろな病気の治療に使われている新しい薬です。ジスロマックは、肺炎球菌などのグラム陽性菌、インフルエンザ菌、百日咳菌、マイコプラズマやクラミジア菌、淋菌、レンサ球菌など様々な細菌に有効です。ジスロマックは、これらの様々な細菌を殺菌してくれる役割を果たしますが、どのような病気にかかった時に使用される薬なのでしょうか?

ジスロマックが有効な病名は、リンパ管・リンパ炎、深在性皮膚感染症や肺炎、急性気管支炎、扁桃炎・咽頭炎、尿道炎、副鼻腔炎、子宮頸管炎などがあります。このようにジスロマックは、様々な病気に使用されている薬で、治療に有効的な抗生物質です。

薬には効果があれば副作用も必ずあるものです。副作用が出る出ないは個人差がありますが、ジスロマックにも副作用はあります。この薬の主な副作用は、下痢や吐き気、胃痛などの胃腸症状が起こる事があります。軽い症状であれば心配はいりませんが
、下痢などがひどく続く場合は医師に相談することが大切です。
また、発疹ができて発熱、水ぶくれ、目の充血などの症状が現れたら、重篤な皮膚症状になる可能性があるため、すぐに受診するようにしましょう。ジスロマックの副作用は、比較的少ないと言われているため、それほど心配はいりませんが、まれに強く出る場合もあるため注意は必要です。

ジスロマックの特徴は、他の抗生物質では効果がない非定型菌のマイコプラズマやクラミジアに効果がある事です。また、1日1回の服用を3日間飲むことことで、1週間薬の効果が持続することも特徴です。今まで効果がなかった細菌にも有効な薬であるため、いろいろな病気の治療薬として使われており、今後も治療薬として期待される薬なのです。