ジスロマックは、性病のひとつであるクラミジア感染症の治療薬です。クラミジアは感染率の高い性病で、自分も相手も感染している可能性があります。早めの対処を心がけて完治させましょう。

ジスロマックを紹介する男性

びまん性の失患、ジスロマックは認知症にも安心

性病にはいろいろな病気がありますが、最近感染率が多く、若い世代に多いのが特徴なのがクラミジアです。

クラミジアは主に過激な性交渉によって罹患することが大半です。ディープキス、オーラルセックス、フェラチオなどの性行為がそれにあたります。

過激な成人向けアダルト動画には、このような性行為が当たり前のように描かれ誰もがこのような性行為をしているかのように思われがちです。

これがクラミジアに感染していない人ならばまだ問題がないのですが、男女のうちどちらかがクラミジアに感染し、不特定多数の男女が性交渉をすればその感染は果てしなく広がっていきます。

たとえば認知症気味の人が、性交渉をした場合もしクラミジアに感染した女性と過激な性交渉をし、また別の女性と性交渉をしたらその女性はクラミジアに感染する可能性が高まります。

女性が男性の性器をなめしゃぶるフェラチとという性行為をした場合、男性の性器にすみつくクラミジアを自分の口の中に撒き散らすことになります。

クラミジアが自分の口や喉に感染すると、びまん性の気管支炎のようなものに悩まされることになるかもしれません。せきや痰がからみ風邪かと思って、風邪を治す治療をしてもちっとも治らないかもしれません。

というのもそもそもの原因が風邪ではなく、クラミジアによるものだからです。なのでクラミジアを治療をするジスロマックのような薬をのみ細菌を殺さなければ治ることはないのです。

これまでクラミジアの治療薬はいろいろありましたが、ジスロマックは1度のむと7日間治療効果が望める画期的な薬なのです。

認知症の人のように複数の薬をのんだり、のみ忘れる恐れがある人の場合でも、1度のめばいいので安心できます。